日本オラクルは6月4日、東京都主税局(都主税局)が取り組む人工知能(AI)を活用したチャットボットの実証実験に参画していることを発表しました。

都主税局が7月2日まで実施している「納税や納税証明に関する問い合わせ」の実証では、納税者の問い合わせに自動で応答するAIチャットボットの仕組みを日本オラクルのクラウドサービスで構築しています。日本オラクルはその結果を提供する。このAIチャットボットには、カスタマーサービスを支援する「Oracle Service Cloud」、データベース基盤をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud」、クラウドで開発する多言語アプリケーション実行基盤「Oracle Application Container Cloud」などを使用しています。

都主税局では、より質の高い納税者サービスの提供に向けて、5月1日から税務分野におけるチャットボットの有効性や可能性などを検証する実証実験を開始しています。

「納税や納税証明に関する問い合わせ」に関するチャットボットの実証では、300項目にわたる同システムの構築を日本オラクルが支援しています。実証の結果として、利用に関するアンケート結果の集計、チャットボットの応答時間、質疑応答のヒット率および傾向などを提供します。

なお同チャットボットは、都主税局ホームページに設置したリンクから起動して利用てきます。