Microsoftは台湾の台北で開催中の「COMPUTEX 2018」で現地時間6月6日、「Windows 10 IoT Core Services」を発表した。これは、以前から無償で提供されている「Windows 10 IoT Core」を補完する有償サービスです。

Microsoftによると、Windows 10 IoT Core ServicesはセキュアなIoTデバイスを製品化したいと考えているパートナーに向けたサービスだという。

Windows 10 IoT Coreは「Windows 10 IoT Enterprise」とともに、「Windows Embedded」の後継である「Windows 10 IoT」を構成するエディションです。各エディションがサポートしている機能について以下に簡単に述べておきたいです。

Windows 10 IoT Coreでは、SAC(Semi-Annual Channel:半期チャネル)を選択しているユーザーに対して1年に2回のアップデートによって新機能が提供される一方、Windows 10 IoT Core Servicesでは機能アップデートは提供されず、セキュリティアップデートのみが提供されます。Microsoftはこれにより、Windows 10 IoT Coreが10年間のサポートを提供するLTSC(Long-Term Servicing Channel:長期サービスチャネル)リリースになると説明しています(Windows 10のLTSCリリースの場合、同社は通常、10年間サポートされるLTSCを2~3年毎にリリースしている)。

2月に発表されているように、今秋に公開される予定のWindows 10 IoT EnterpriseリリースからLTSCオプションが提供されるため、ユーザーは定期的な機能アップデートを適用しなくても済むようになります。

Windows 10 IoT Core Servicesは、最近発表された「Device Update Center」(DUC)もサポートしているため、ユーザーはデバイスのアップデートを作り出し、カスタマイズし、統制できる。なお、アップデートはOSやデバイスドライバ、OEM固有のアプリやファイルに適用することができます。

また、Windows 10 IoT Core Servicesでは「Device Health Attestation」(DHA)によって、「ハードウェアレベルで証明されたセキュリティ」を、個別のクラウドサービスを介したデバイスの信頼性保証によってさらに強固にできます。

Microsoftは同社ブログへの投稿に、「これらの機能によりユーザーは、Windows 10 IoT Coreを搭載したデバイスを製品化し、『Windows』と同等レベルとなるエンタープライズグレードのセキュリティとサポートを実現できる」と記しています。

Windows IoT Core Servicesは現在、「限定プレビュー」段階となっている。限定プレビューに参加するには、iotservices@microsoft.com宛てにメールを送信すればよい。また、2018年7月より対象範囲を広げたプレビューが開始され、2018年中に一般提供が開始されるという。