Microsoftが、「iOS」版「Outlook」がリリース2周年を迎えるとともに、多数のアプリを追加したと発表した。

「Evernote」「GIPHY」「Nimble」「Trello」「Smartsheet」のほか、「Dynamics 365」「Microsoft Translator」がサポートされている。ビジネス旅行者は海外で、iOS版Outlookの中で直接、電子メールを別の言語に翻訳できるようになった。Microsoftは、さらなる機能を搭載する予定としている。

新しいアドインは、まず「Office 365」ユーザー向けにリリースされた後、Outlook.comのユーザー向けにロールアウトされる予定だ。iOS搭載端末で「設定」 > 「アドイン」に移動すると、端末で有効化可能な新しいサービスが表示される。

受信箱でメールを開くと、新しいアドインアイコンがヘッダーの右上に表示される。それをタップすると有効にしたアドインを起動できるようになる。