Windows 10 Creators Update(以下Creators Update)では、デスクトップ アプリケーション(Win32ベースのアプリケーション)のインストールを制限する機能が追加された。



   現在Windows 10では、各WebサイトやDVDドライブなどからアプリ(やアプリケーション)をインストールする方法と、WindowsストアからUWP(Universal Windows Platform)アプリをインストールする方法の両方をサポートしている。つまり、どこから入手したアプリであっても、そのままインストールできる。

   しかしCreators Updateでは、アプリの入手先によって、インストールを制限したり、警告を出したりする設定が可能になった。

   「設定」→「アプリと機能」からアプリの入手先を「任意の場所のアプリを許可する」「ストア以外からアプリをインストールする前に警告する」「ストアのアプリのみ許可する」という3つのオプションが用意された。デフォルトでは「任意の場所のアプリを許可する」になっているため、基本的には今までと同じ使い勝手で、どんなアプリもインストール出来るようになっている。

   Creators Updateでこのようなオプションが用意されたのは、今後MicrosoftがWindows 10においてWin32アプリケーションのインストールを制限し、アプリの入手元を「ストア」だけに制限しようと考えているからだ。

   UWPアプリとWin32アプリケーションでは、アプリの開発スタイルやメソッド自体が異なるが、昨年Win32アプリケーションをUWPアプリ(AppX)として動作させるためのツール「Desktop App Converter」(以下DAC)を開発者向けに公開した。DACは、Win32アプリケーションをそのままコンテナ化して、UWPアプリとしてパッキングする。このため、Win32アプリケーションをそのまま、UWPアプリ化できる。つまり、Win32アプリケーションをストアに登録して、インストールできるようにしているわけだ。

   ファイルコピーなどでフォルダにインストールされるWin32アプリケーションの場合は、アプリケーションが動作するためのファイルをDACにかければ、簡単にUWPアプリ化できる。

   MSI(Windows Installer)形式のWin32アプリケーションの場合は、システムフォルダにさまざまなプログラムをインストールするために、DACがWindows Installerでインストールするプログラムを監視して、インストールされたプログラムをまとめてUWPアプリとしてパッケージ化する。

   ただし、DACではWin32アプリケーションのインストールをサイレントモードで行うため、既存のアプリケーションインストールで行われる「対話的なインストール」(インストール時にユーザーに確認を求めるなど)は問題になる。このため、サイレントインストールのみサポートする(対話的インストールモードでDACを使うと、DACの動作が途中でストップする)。

   この他、UWPアプリでは、ドライバなどのインストールは行えないため、アプリケーションにドライバを含んでいる場合は、注意が必要だ。

    Microsoftでは、Win32アプリケーションをまずはUWPアプリ化して、その後、Win32アプリケーションのソースコードにUWPアプリの機能を追加していき、最終的にはUWPのフル機能を使ったUWPアプリに移行してほしいとしている。また、UWPアプリ化したWin32アプリケーションは、ストアに公開できるため、ダウンロードの管理、アップデート時の管理なども簡単になる。

   なお、UWPアプリを公開するためには、ストアに登録する必要がある。このため開発者は、Microsoftに開発者登録をして、開発したUWPアプリ(AppX)をMicrosoftに提出し、審査してもらう必要がある。このあたりは、AppleのApp StoreやGoogle Playなどと同じだが、今までのWindowsアプリ開発では、ほとんど関係してこなかった作業なので、アプリケーション開発者にとっては若干煩雑さもある。

   しかし、ストアに公開するということは、全世界にアプリを公開することになるため、小さなアプリ開発会社や個人の開発者にとっても、全世界でアプリが販売できる素地が出来ることになる(ストアでは、有料アプリだけでなく、無料アプリや、有料アプリでも無償の試用期間を付けるなどのフレキシブルな設定ができる)。

●企業が業務アプリを配信する場合

   企業においては、一般のユーザーが見るストアに自社の業務で利用するアプリを登録するというのは問題がある。また、UWPアプリ(Appx)を手動で全てのPCにインストールするのも、手間の問題で現実的ではない。そこでMicrosoftは、企業向けのストアを別に作成できるようにしている。

   この機能を利用すれば、オンプレミスのサーバーにストアを作成するだけでなく、Microsoft社のクラウド(Office365のユーザー)に企業独自のストアが用意されて、そこに自社の業務アプリを登録することができる。このストアには、企業が認めた他社のアプリなども登録できるため、従業員がライセンス違反や違法なアプリをインストールしないようにすることもできる(セルフポータルで従業員が企業が認めたアプリをインストールできる)。

   便利なのは、一度アプリをインストールすれば、ストアがアプリを監視しているため、バージョンアップなどがあれば、自動的にアップデートしてくれる。これは、企業でアプリを使用する場合、バージョンが異なって、セキュリティホールになったり、操作方法の問い合わせが来たときに、バージョン毎に答えを確認しなくてもいい。ストアを使えば、企業内に複数のバージョンのアプリが存在することはなくなる。常に最新のアプリがインストールされている状態になる。

Windows 10向けのアプリは全てストアからの配布へ

   Creators Updateでは、デフォルト設定では、Win32アプリケーションなどのインストールが制限されることはない。しかし、これは始まりであって、後戻りはしないと思われる。筆者自身は、Windows 7の延長サポートが終了する2020年1月を目処に、Win32アプリケーションに対する制限が強められていき、最終的に2023年1月のWindows 8の延長サポート終了時には、Windows 10で動作するアプリのすべてはUWPアプリ化して、ストア経由での配布に変わると考えている。

    一部のドライバなどの配布に関しては、新たな方法を考える必要はあるが、ストアというアプリ配布のシステムを用意しても、ほとんど利用されていない状態を大きく変えるために舵を切ったといえる。

    Microsoftにとっては、一般のストアで有料ソフトを販売したときには、手数料収入が入るため、できるだけアプリをストアに集めて、ストアをもっと活用してもらおうと考えているようだ。もしかすると、ストアでの手数料収入が見込めるようになれば、Windows 10 OS自体を無償で提供するという選択肢も考えられているのかもしれない。

    企業は、このようなMicrosoftの流れを考えて、徐々にUWPアプリの開発、既存のWin32アプリケーションのUWPアプリ化、企業向けストアの採用などを進めて行く必要があるだろう。

   特にUWPアプリに関しては、企業での開発経験値が少ないため、まだまだ試行錯誤が続くと考えられる。ただ、数年後にはUWPアプリに完全移行していく可能性があるということを思えば、今から徐々に対処していく必要がある。

●Creators Updateはいつリリース?

    この原稿を書いている時点では、Creators Updateのリリース時期は発表されていない。しかし、3月の定例セキュリティアップデートにおいて、Windows 10のWindows UpdateのページにCreators Updateに関する項目が追加された。

    Insider Previewでも、新たな機能の追加は2月末からは終了して、バグフィック版の提供が行われている。また、Creators Updateのバージョン番号が1703となるといわれている。

    今までのWindows 10では、リリースの年月日をバージョン番号としているため、3月中、遅れたとしても4月にはリリースされるだろう。

 

 

【関連記事】

Creators Updateのバージョンは「1703」に。Windows 10プレビュー版のBuild 15055が登場