米Microsoft Corporationは19日(現地時間)、「Windows 10 Insider Preview」のPC版Build 16179およびモバイル版Build 15205を、“Windows Insider Program”の“Fast”リングの参加ユーザーに対してリリースした。現在、“Windows Update”から最新ビルドへ更新できる。

   PC版Build 16179では、仮想マシン機能“Hyper-V”でチェックポイントを自動で追加する機能が新たに搭載された。仮想マシンをスタート時へ簡単に戻せるので、操作ミスがあっても気軽にアンドゥできる。

   また、“Power Throttling(仮称)”が前ビルドで追加されたことも明らかにされた。これは“Skylake”以降のIntel製CPUに搭載されている“Intel SpeedShift Technology”を活用した実験的な省電力機能で、CPU消費電力を最大11%節約できるという。

   なお、モバイル版Build 15205における変更は不具合の修正がメインとなっている。

 

 

【関連記事】

Microsoft Officeの未解決の脆弱性を突く攻撃が横行、メールで届くWordファイルに注意

Windows 10/Server 2016向けパッチ「KB4016635」が公開 ~今週2度目のリリース