Windows 10の大型アップデート「Creators Update」が4月11日より始まり、早速試している人もいるだろう。ここでは、Windows 10の今さら人に聞けない基本ワザ、知っていれば効率アップできて自慢できる(かもしれない)便利ワザを紹介する。第1回は「設定」の開き方など基本中の基本ワザだ。

ワザの内容と画像は、すべてCreators Updateに準拠しているので、まだアップデートしていない場合は操作が一部異なる可能性がある。

「設定」を開く

Windowsで何か設定をするときは「コントロールパネル」を開くのが当たり前だったが、Windows 10では「設定」で多くの設定ができるようになった。この「設定」の開き方をまず覚えよう。

コントロールパネルもまだ残っているが、アップデートのたびにコントロールパネルから「設定」に設定項目が移動している。将来的には、一般ユーザーが扱う設定項目のほとんどが「設定」に集められそうだ。

「コントロールパネル」を開く

これまで「コントロールパネル」はスタートボタンの右クリックメニューから起動できたが、Creators Updateではできなくなった。設定項目の多くは「設定」にあるが、より細かい設定を行うには「コントロールパネル」を開く必要があるなど、また「コントロールパネル」が必要になるケースがある。

「コントロールパネル」はスタートメニューの「Windowsシステムツール」の中にあるので、そこから起動できる。または、タスクバーの検索ボックスに「コントロールパネル」と入力すれば検索結果に表示され、そこから起動できる。

「Internet Explorer」や「ペイント」を使う

Windows 10では、標準のWebブラウザーが「Edge」(エッジ)になった。これまでの「Internet Explorer」(IE)とは全く別物なので、操作に慣れない人もいるだろう。よく使うWebサービスなどがエッジに対応しておらず、IEが必要だという人もいるかもしれない。Windows 10にはIEもちゃんと入っているので、IEが必要な人はこちらを使おう。「ペイント」も同様だ。

タスクバーの検索ボックスを使う方法もある。検索ボックスに「i」や「pe」と入力すると、高確率で「Internet Explorer」や「ペイント」が検索結果に表示されるので、それをクリックすればよい。この方法は他のアプリでも使える。

 

よく使うアプリはタイルやタスクバーに登録する

よく使うアプリは、スタートメニュー右側にタイルとして登録したり、タスクバーにアイコンとして登録しておくと、スタートメニューを開いて探すことなく起動できる。またスタートメニューやタスクバーに使わないタイルやアイコンが登録されている場合は、これを外すこともできる。登録するアプリを整理して、スタートメニューやタスクバーを使いやすくしよう。

-

●アプリの関連付けを変える

画像ファイルをダブルクリックしたとき、「ペイント」で開きたいのに「フォト」が起動してしまうことがある。これは、その画像ファイルのファイル形式と特定のアプリ(この場合は「フォト」)が関連付けされているからだ。この関連付けを変更すれば、ファイルをダブルクリックした時に起動するアプリを自分で設定できる。

ファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」の順に選ぶと、アプリの選択画面が表示される。一番上のアプリが現在関連付けられているアプリだ。その下のアプリ一覧の中から関連付けたいアプリを選んで設定する。アプリ一覧の中に使いたいアプリがない場合は、「その他のアプリ↓」をクリックする。

Windowsを終了する、再起動する、スリープする
Windows 10パソコンを終了して電源を切りたい場合は、スタートメニューからシャットダウンの操作をする。再起動もここで行う。スタートボタンを右クリックするとメニューが表示されるが、ここからシャットダウンや再起動を選ぶこともできる。