Windows 10は、同じマイクロソフトアカウントでストアアプリを、インストールできるデイバス数が最大10台までとなっている。


ストアアプリをインストールできない
Windows 10は、同じマイクロソフトアカウントでストアアプリを、インストールできるデイバス数が最大10台までとなっている。これはとても厳しい制限だが、11台目にインストールしようとするとはじかれてしまうのだ。ちなみに、Windows 8.1は、81台までインストールできた。そんな気軽な語呂合わせで決めるのならば、100台にして欲しいところだ。せめて、10に合わせて欲しくなかったが……。

台数をオーバーしてしまった場合、利用頻度の少ないデバイスを「アプリとゲーム」の管理デバイスからはずすしかない。エラー画面が表示されているなら、「デバイスを削除する」をクリック。そうでないなら、マイクロソフトの設定画面から、「ダウンロードデバイスを管理する」ページを開く。

デバイスの一覧が開くので、外す端末の「削除」をクリックしよう。もし、同一デバイスが重複して登録されているなら、「アプリが最後にインストールされた日時」の古い方を削除すればいい。確認ダイアログで、「このデバイスを削除する準備ができました」にチェックし、「削除」を押せば完了。ストアアプリをインストールできるようになる。

Windows 10では同じアカウントで最大10台までしか、ストアアプリをインストールできない。新しいPCで使いたい場合は、以前の端末のいずれかを削除する必要がある。

 

【関連記事】

Surface Laptopの「Windows 10 S」がプレビュー版としてほかのPCでも利用可能に

9月から実施されるOffice Insiderの変更が発表 ~“Insider ファースト”は“Insider”に