Microsoftは米国時間10月17日より、「Windows 10 Fall Creators Update」(開発コード名は「Redstone 3」)のメインストリームユーザーへの提供を開始した。

これまで、PCおよび一部の「Windows Phone」向けFall Creators Updateのビルドを入手できるのは、「Windows Insider」のテスターだけだった。17日より、現行の「Windows 10」ユーザーも「Windows Update」や「Update Assistant」を通してFall Creators Updateを入手できるようになった。

Microsoft関係者によると、Fall Creators Updateのハードウェア要件は、4月に提供が開始された最初の「Creators Update」と同じだという。Microsoftは処理速度が1GHz以上のプロセッサ、1Gバイト(32ビット版)または2Gバイト(64ビット版)のRAM、16Gバイト(32ビット版)または20Gバイト(64ビット版)の使用可能なハードディスク領域を推奨している。「Windows Mixed Reality」の使用に関心があるユーザー向けに、技術仕様や対応ツール、Windows Mixed Reality対応PCの最新リストが公開されている。

 

 

【関連記事】

「Windows 10 Insider Preview」Build 17004が“Skip Ahead”向けにリリース

認証情報を守るWindows 10の「Credential Guard」