ディスプレイの輝度が勝手に変わるのを止める方法


Windows 10では、画面や周囲の明るさを判別し、自動的にディスプレイの輝度を調節してくれる。しかし、予期しないタイミングで画面の明るさが変化するのは、目に負担がかかるという人もいる。そんな時は、この自動輝度調節機能(Adaptive Brightness)を無効にしよう。

まずは検索フォームに「電源」と入力し、「電源プランの選択」を開く。選択しているプランの横にある「プラン設定の変更」をクリックし、続けて「詳細な電源設定の変更」をクリックする。

電源オプションの詳細設定画面が開くので「ディスプレイ」の「+を」展開し、「自動輝度調節を有効にする」の「設定」をオフにすればいい。ノートPCであれば、「バッテリ駆動」と「電源に接続」の両方を設定する。

これで解決!

電源オプションの設定で、自動輝度調節をオフにする。

 

 

 

【関連記事】

マイクロソフト、Windows 10 Fall Creators UpdateとMRヘッドセットの提供開始

MS、「Windows 10 Fall Creators Update」の一般提供を開始